なぜ、ダイエットに失敗するのか?
なぜ、ダイエットに失敗するのか?

証明激変!1年後に差がつくダイエットのモチベーションアップ方法 朝晩3分間の日課と◯◯を換えるだけ?
これは、朝晩たった3分間の日課と言葉を換えるだけで、ダイエットの成功率が格段に上がるモチベーションアップ方法です。

本当にあなたは、それを知らなくていいのですか?

1年後、まだダイエットについて悶々と悩んでいるか…
1年後、健康的でスリムな憧れボディになっているか…

これほどの違いが出てくるでしょう。

ダイエットの失敗、挫折の1番の理由をご存知でしょうか。
もしも、あなたがその理由を知らなくて、ダイエットに興味がおありなら、このまま、じっくりと読み進めてください。

ダイエット成功の鍵となるのはモチベーションの維持です。

そこで、あなたにダイエット中の下がりがちなモチベーションを上げるモチベーションアップの方法を、ここで詳しく解説してまいります。
モチベーションを上げるため、まずは、言葉を換える練習を毎日10分くらいやってみましょう。

そして、朝晩3分間のやることを覚えて日課にしてください。

早い方ですと試してすぐに、モチベーションアップ効果を実感できます。
きっとあなたは、想像以上の変化に驚くでしょう。

「言葉を換え、朝晩3分間の日課をしただけなのに…」と。

どれも簡単で無料。お金はかかりません。
あなたはこれを読むことで、今後はダイエットに無駄なお金を払い、時間を失う必要がなくなります。
失うはずだったお金と時間で、ダイエット以外の楽しみのために使うことができるのです。

このページでダイエット成功に関わるすべての情報を深く理解すると、あなたのダイエット生活が変わり始めることを証明します。
モチベーションアップ方法を覚えて、辛い過酷なダイエットに終止符をうちましょう!

怖がらずに直視!ダイエットのこんな悩みで、困ったことはありませんか?

突然ですが、あなたにダイエットに関する質問です。正直に答えて下さい。

あなたは、ダイエットのことでいつも悩まされていますか?
自分のダイエット方法は、間違っていると思いますか?

もしも、ダイエットで悩むことはない、ダイエット方法は絶対に正しいという解答でしたら、結果をだしていて、痩せることに成功した人だと思います。

おそらく、ここには訪れていないでしょう。
答えに困ってしまったのなら、何か思い当たることがあるのかもしれませんね。

ここのページから目を離せなくなったあなたは、自分のダイエット方法に、こんな疑問を抱いていませんか?

例えば、ダイエットのために、ご飯の量を減らして、食事の摂取カロリーにも気をつけているのに痩せない。
痩せるために効果的だといわれている運動やトレーニング、ジョギング、ウォーキング、なわとび、などを試してみたけど、体重が一向に減らない。
痩せるサプリや漢方を飲んでいるのに逆に太る、なんていうこともあったでしょう。

ダイエットに専念して頑張っているのに、体重計の数字が増えていたら、とても憂鬱な気分になりますよね。

なんとしても痩せたいのに「どうして、太るの」、「なんで体重が増えるの」そして、運動は増えていくし、飲むサプリもどんどん増えていく…
このまま一生ずっと、ダイエットに悩まされる生活になるなんて辛すぎる。

これは本当に切実な悩みです。

私も、どんなに頑張っても、全然痩せないと嘆き、ダイエットについて「人生の過酷な永遠のテーマ」と思い込んでいました。
あなたのお気持ちは痛いほど伝わってきます。

ここから、非常に大切なお話があります。

あなたは”憧れのスタイル”になる、少し手前まで近づいているんです。
いつも結果がでる前に力尽きていただけなんです。
信じられないかもしれませんが、あと1歩、2歩踏み出せば、ゴールが近くに見えたはずです。

と、いうことは…すでに、あなたはお気づきかもしれませんね。

そうです。
あなたがダイエット方法のやり方で困っているのではなく、結果がでるまでのモチベーションの維持に悩んでいるのでしょう。
食事のもっと量を減らすことでもなく、キツイ運動を行なったり、サプリの種類を増やしたりすることでもありません。

ダイエット成功の決め手となるのは、モチベーションの維持なのです。

モチベーションの維持が大切?ダイエットの本来の意味を知ると歴然!

ダイエットの本来の意味を理解すると、いかにモチベーション維持が大切であるかが分かるようになります。
ダイエットは「減量」、「痩せる」という意味ではないこと知っていましたか。

では、そもそもダイエットって意味とは?

ダイエットについて諸説あり、海外と日本での捉え方に違いがあります。
まず、ダイエットの語源は、ギリシャ語が由来しています。

“「生活習慣」「生き方」「住まい」「食事療法」を意味する古代ギリシア語「δίαιτα」(「ディーエター」と読む)が起源。“

次にダイエットの意味とは…

“14世紀後半以降は「摂取量と効果を考慮した食べ物」「医師の指示や医学上の理由に基づく食事療法」「特定の食べ物の摂取を制限する」「健康を守るために自身の食事を制限する」という意味で使われていた。「肥満を防ぐために食事を制限する」という意味で使われるようになったのは1650年代からである。”

出典:Wikì(ウィキペディア)~「ダイエット」より

はじめてダイエットの意味を調べたとき、意外にも、運動やエクササイズという言葉が含まれていないことに驚きました。
つまり、ダイエットの元々の意味は「日常の食習慣」ということなんです。

健康を考えた上での普段の食事の摂り方を、適切に保つ目的ともいえるでしょう。

食生活が乱れているのなら、食事の量、種類などのバランスを考え、食習慣を改善することが「ダイエット」なんですね。
適切な食事の量を知って、それが当たり前の食事になると、太ることはないんです。

改善とはいえ、長年続けていた食習慣を一気に変えられる人は少ないといえるでしょう。

習慣のみならず、何かを変えること自体、決意と根気がいることだと思います。
だからこそ、モチベーションの維持が大切となってくるのです。

仮に、日常の食習慣を変えられず、面倒くさいからといって、美容整形クリニックへ行き「脂肪吸引」したとします。

ところが、根本の食習慣が変わっていなければ、また同じ体型に戻ってしまうでしょう。
高い料金を払い「脂肪吸引」したところで、痩せる体質に変わった訳ではないからですよね。

高い料金を払い続けるには限界があります。

しかし、日常の食習慣という根本が変えられるとお金の節約にもなりますし、体質が変わってきます。
モチベーションを高く保つと、積極性が増して、ダイエットを前向きとらえられるようになるでしょう。

日本でのダイエットの意味はどうなの?

さらなる、情報として、日本でのダイエットは、以下の意味合いになっています。

“本来、英語の「diet」は日常的な食事・食べ物を意味します。日本では食事の量や種類を制限する食事療法のほかに、エクササイズや運動をして減量し、痩せた体型を目的とする「痩身」と同義に使われています。“

引用元:厚生労働省 e-ヘルスネット「ダイエット」~

日本でのダイエットに関する情報は絶えることはありません。

各国、美意識の違いはありますが、日本での理想のプロポーションは、標準体重よりも、美容体重、もしくは、それ以下のモデル体重を目指す人が多いからですね。
標準体重は、病気になりにくい健康な体型なのですが、標準体重では見た目が”ぽっちゃり体型” に見えるといわる傾向があるからでしょう。

例えば、身長158cmの場合

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22(BMI)
美容体重(kg)=身長(m)×身長(m)×20(BMI)
モデル体重(kg)=身長(m)×身長(m)×18(BMI)

この数式に当てはめて計算するとこうなります。

標準体重は54.9kg
美容体重は49.9kg
モデル体重44.9kg

見た目が綺麗なボディラインに見えるのは“美容体重”と“モデル体重”の間くらいの体重だと言われています。
できることなら、そこの体重を目指したいと、あなたも思っているのではないでしょうか?

私もそう思っていました。

ダイエットに関する情報をまとめますと…ダイエットの本来の意味を知り、日常の食習慣を変えることが大前提だということ。
体格や年齢の違いもあって、目標体重はそれぞれだとは思います。

あなたが理想のプロポーションとしている目標体重が“美容体重”“モデル体重”の間くらいであるなら、やはりモチベーション高く保つことは、必要不可欠ということになります。

ダイエットを成功に導く鍵は、モチベーションの維持が重要だということです。
今まで頑張ってきた、あなたの努力を無駄にしないためにも、モチベーションを高めていきましょう。

停滞期だから、全然痩せないから、ペースが遅いから…といって、あきらめてドカ食いするなんてことは、やめるべきです。

振り出しに戻るどころか、すべて水の泡…逆にリバウンドして、太りやすい体質になってしまいます。
1年後、鏡に映る自分の姿を見て笑顔で満足するか、あるいは、不機嫌な暗い表情で「やっぱダイエットって過酷な永遠のテーマなんだ」と落ち込むか…この分かれ道となるでしょう。

モチベーションダウンしたときには、モチベーションを上げる方法を知っていれば、あなたのダイエットの強い味方になります。

ダイエット中のモチベーション維持の重要性について

私は、10kg以上の減量に成功しています。
今だから言えるのは「ダイエットは苦悩するほど難しくなかったんだ」ということ。

とはいえ、過去の私はというと、学生の頃から、ずっと日々ダイエットに励んでいました。

来る日も来る日も、痩せる、スリムになる、太らないという情報を求め、ダイエットに関するTV番組は欠かさず観るほどに。
いつものようにTVを観ていて、気がついたことがありました。

スタイル抜群のモデルさんが、ダイエットの話題でトークしていたときのことです。

こんなスタイルの良いモデルさんでも、体型を維持するためにダイエットしているんだ、という事実と、ダイエットを楽しんでいるようにみえ、羨ましく思えたことを覚えています。
衝撃は受けたものの、ひねくれていた私は、素直に聞き入れませんでした。

「どうせ、私には無理」と。

なぜなら、自分は太りやすい体質なんだと、思い込んでいましたし、実際に何をやっても痩せないので諦めモードになることも多々…。
毎日フィットネスジムやサウナに通ったり、痩せるプログラムの高額な商品を買ったり、あらゆるサプリを飲みまくったりもしたこともありました。

挙げ句、痩せない辛さから、ドカ食いしてリバウンド。

そのうち、食べ物が怖くなり、過食嘔吐というハチャメチャな生活に陥っていました。
痩せるという言葉に過敏になって、情報の波にもまれ、とにかく疲れきっていました。

過酷で辛いダイエットをこれから何十年も続けていくんだと思い、将来の不安さえ感じたことも。

それでも、気づけばまた、ダイエットしようとしている自分がいるんです。
正直、ダイエットに執着する自分自身が怖くなるほどでした。

ところがある時、ふとモデルさんの言葉と表情が頭によぎり、何をやっても失敗しているから、「これを試してみよう」という気持ちになったんです。

モデルさんの言葉は、「いつもの日常にダイエットをとりいれたら、体重調整や管理は当たり前になるし、簡単で楽しくなる」
いわば、モチベーションをコントロールしているようなものだったんです。

そして、モデルさんの言葉を胸に、真似をしてモチベーション維持方法を試してみた結果、これまで一体何だったのだろうと思えるほど、みるみるうちに痩せていき、目標の体重をクリアすることができたんです。

当時は、不思議な感覚でしたが、今振り返ると納得できることばかりです。
そこから、モチベーション維持方法を追求して、さらなる新しいモチベーションアップ方法を発見しました。

それらの方法のおかげで「ダイエットは人生の過酷な永遠のテーマ」ではなく、「ダイエットは楽しく喜びである」というテーマに変わっています。

今では、ちょっと体重が増えたなと思っても、少しのメンテナンスで、理想の体重をキープできています。
この発見した方法は、「全然痩せない」と困っていた過去の私に教えたいほどの情報です。

あんなに無理なダイエット方法で苦しまずに済んだのにと思えること。

過去の私には伝えられません。
ですから今回は、私と同じように、寝ても覚めてもダイエットのことで頭がいっぱいになり辛さを感じている人へ向けて、この情報を発信していこうと思いたちました。

私が発見したモチベーションアップ方法は、ダイエットだけでなく日常生活にも大きな変化をもたらします。

ダイエット生活を劇的に改善するモチベーションアップ方法とは?

ダイエット生活で辛さを感じて挫折しそうになった時、ダイエットを絶対に成功させたいと思った時に、重要となるのがモチベーションアップ。
ここまでは、あなたも納得していることでしょう。

ダイエットには、モチベーションダウンは禁物です。
ぜひとも、モチベーションアップ方法を身につけて下さい。
では、モチベーションアップ方法として、何をやればいいのだろうか?

気になりますよね。
ダイエット生活を辛さから、楽しみに変化させるためのモチベーションを高める方法として…

  1. まず、今使っている言葉をポジティブな言葉に換えていくこと
  2. そして次に、朝晩アファメーションすること
  3. さらに、瞑想を朝晩3分間の日課にすること

最終的には、あなた自身の生活を、ポジティブなモードへスイッチONするようなイメージとなります。
このスイッチを手にできれば、あなたのダイエット生活は激変します。

ポジティブな言葉の変換、瞑想、アファメーション、というのは、モチベーションを高めるためだけではありません。

仕事で成績を上げる、金運アップ、恋愛成就、人間関係の向上、夢の実現、未来を好転させるなど、人生においてかなりの影響を与えるといわれています。

自己啓発の本などを読んだことがある方ですと、世界の大富豪やら、経営者、偉大な発明家、成功者がこぞって、瞑想、アファメーション、潜在意識、ポジティブシンキングを提唱していることはご存知でしょう。
例えば、経営者ですと、松下幸之助、稲盛和夫、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、スポーツ業界なら、野球のイチロー選手、サッカーの本田圭佑選手。
ファッションモデルや女優でいうと、ジェシカ・アルバ、ミランダ・カー、ローラ、道端ジェシカ、黒木瞳、中谷美紀も瞑想を実践しているとのこと。

注目すべきは、グーグル、アップル、ヤフー、インテル、フェイスブックなどの大手企業までも、社員の仕事効率アップのため、瞑想を採り入れていることで話題となりました。

成果や効果が出ているからこそ魅了され、実践する人たちが増えているといえるでしょう。
加えて、目標の達成や何かしらの結果を出すには、あきらめずに、やり続けることも重要だといわれていますね。

すなわち、ダイエットに限らずやる気を出すにも、継続性を保つにも、モチベーションアップがキーワードとなるでしょう。

そのモチベーションアップに、効果的だといわれている方法が、ポジティブな言葉への変換、瞑想、アファメーションなのです。
結果を出している人、いわゆる成功者の中に、消極的で、モチベーションが低い人を見かけたことはありますか?

おそらくいないと思います。

成功者から学び、成功者のマネをすることが賢い選択であり、目標達成の近道となるでしょう。
あなたは、ダイエット成功にせよ、明るい未来を望むにせよ、モチベーションは高く保つことが大切だと理解できてきましたね。

では、もっと分かりやすく、簡単なポイントを加えて解説して参ります。

成功に向けて悩めるダイエッターが知っておくべきモチベーションアップ3つのポイント

ダイエットを成功させるには、やる気と継続性が大切です。
モチベーションを高く保つことこそ、ダイエット成功の秘訣ともいえるでしょう。

しつこいようですが、それくらいモチベーションアップは重要です。しっかり覚えて下さいね。

では、ダイエット成功に向けて、モチベーションアップ方法を実践していきましょう。
常にモチベーションを高める方法として、ポジティブな言葉、アファメーション、瞑想がありましたね。

簡単にできるように、具体的に3つのポイントに整理していきましょう。

モチベーションアップ3つのポイント。
これを覚える前に必ずやるべきことがあります。

それは、あなたが自分自身に問いかけてみること。

問いかけはこうです。
「私は何のためにモチベーションを高める方法を学ぼうとしているのだろうか?」

この質問を自分自身の内側に問いかけることで、目的が明確化されていき、すんなり行動に移せるようになります。

答えの例えを挙げるなら…

「来年の夏、海でビキニを着るため」
「ミニスカートが似合うほっそりした脚にするため」
「素敵な異性と出会うため、モテるように」
「自分の体型に自信を持ちたいから」…など。

ただ、漠然と「ダイエットしなきゃ」ではないはずです。
あなたに何か痩せる理由があるからこそですね?

自分自身に問いかけて、答えがでたら次に進んでいきましょう。

ポイント1.<ポジティブな言葉に換えていくこと>

まず、あなたは自分に素直になることです。
今使っている言葉でネガティブな言葉を思い浮かべてノートに書き出してみて下さい。

そのネガティブな言葉を、ポジティブな言葉に変換してみましょう。

例えば、痩せたい、体重を落としたいというのが本心なのに「太りたくない」「食べたら太るよね」「何をやっても体重が減らない」「なんで痩せないんだろう」「ダイエットは苦痛だ」といった、ネガティブな言葉を無意識に使っているかもしれません。

「太りたくない」であれば「スリムを目指そう」とか「スタイルを良くする」に換える。

「食べたら太るよね」という言葉であれば、本当は食べ物が美味しい、食べたいと思っているんです。
でしたら「健康のための食事なんだ」「身体に良いものを摂っている」などに換えていきましょう。

これは、いわば薬のプラセボ効果のようなもの。

ビタミン剤を渡して、「これは効き目がある風邪薬だ」といわれると、素直な人は疑いもなく信じるので、風邪が治るなんてこともあるのです。
食事をしている時なら、「これは美味しい」「なんていい香りがするんだ」など

食感や風味を感じながら食べると、満たされた気持ちになり、心も身体も喜びます。

健康のため美味しいものを食べたとなれば、身体も脳も反応してエネルギーに変えてくれるようになります。
注意点として、変換できないようなネガティブな言葉が見つかったら、それは使わないようにして下さい。

「どうせ無理だと思うけど」、「自分に効くわけない」などの否定的な言葉や消極的な言葉。

なぜなら、呪文のようになってしまうからです。
「はぁ~疲れた」という言葉を口癖のように言う人は、いつも背中を丸めて本当にどんより顔をしていませんか?

言葉はものすごい力を持っているんです。あなたが考えているよりも。

言葉のとおりの現実になるので、気をつけましょう。
ネガティブな言葉をやめて、ポジティブな言葉を使うと、心からワクワク、ウキウキして、行動を駆り立てるようになってきます。

ポイント2.<アファメーションすること>

アファメーションとは肯定的な宣言です。
アファメーションは、潜在意識について興味のある方でしたらよく知っているかもしれませんね。

「夢を叶えてくれる」「なりたい自分になれる」とか…。潜在意識を呼び覚ます手段といってもいいでしょう。

アファメーションするときは、ポイント1で、ポジティブに変換した言葉を使っていきましょう。
根拠や理由は考えず、「こうなりたい」と目指す方向で、アファメーションの言葉を考えましょう。

例を挙げるとこのようになります。

「どんどんスリムになっている」
「ダイエットに成功して目標体重◯◯kgになった」
「ダイエットが楽しくてたまらない」
「痩せてキレイになってきた」
「小顔になってメイクが楽しい」
「自信がもてるようになりました」
「スリムで健康的なスタイルになります」

好きな有名人などがいるのでしたら「憧れの◯◯のようなスレンダーボディを手に入れ幸せな気分」でもいいでしょう。
あなたがしっくりくる言葉を組み合わせて下さい。

アファメーションのやり方は、朝起きたとき、夜寝る前に、繰り返し、繰り返しつぶやいて下さい。
ダイエットの成功、目標体重、理想の体型など、あなたが望むゴールをイメージしながら、アファメーションする。
鏡に向かってアファメーションするのも効果的です。

これを朝晩の日課にしましょう。
モチベーションがグングン上がって、脳と身体が応えてくれるようになります。

念の為、注意点を伝えておきます。

アファメーションの注意点として、間違った言葉を選んでしまうこともあります。
私自身がそうだったので…。

例えば、「ぽっちゃり体型だよね」「太い脚」といった言葉を誰か他人に言われたことを根に持っている場合「あの人を見返すために痩せよう」とか「もう太い脚と言われないように努力しよう」などの言葉。

これは、アファメーションではありません。
アファメーションは肯定的な宣言であり、恨みや報復を唱えるものではないからです。

この言葉はネガティブなので、言葉を発するたび、嫌なことを思い出して気分が悪くなってしまいます。

つまり、モチベーションが下がるということです。
あなたが痩せたいのは、美容、健康のためで、なにより自分自身の満足のためだと言うことを思い出して下さいね。

ポイント3.<瞑想を日課にすること>

瞑想にはたくさんの種類があり、ヴィパッサナー瞑想、マインドフルネス瞑想などが有名ですね。
日本でいうと”禅”ですね。

難しく考えることはありません。

瞑想は簡単にできます。
まずは、静かな場所で目を閉じて姿勢を正す。

次に、呼吸を意識する。鼻から息を吸って、ゆっくり口から吐き出す。
丁寧に呼吸するイメージです。
そして、余計なことは考えない。

もしもマイナスのイメージ、ネガティブな言葉などの雑念が湧いたら、呼吸に集中したり、アファメーションしたりすると消えていきます。

私は、数を数えて呼吸、達成感を味わっている気分、プラスのイメージなどを思い浮かべています。
これを、朝晩3分間の日課にしてみましょう。

【瞑想することにより、ダイエット中の脳と身体をリラックスさせ、モチベーションが高まってきます。

馴れてきたら瞑想する時間を増やすと効果も倍増します。
瞑想と聞くと、「難しそう」「怪しい」とか「日課にするのはちょっと…」このように抵抗がある方も少なからずいると思います。

けれど、瞑想は脳や身体の状態をリラックスさせるにも、リフレッシュするにも効果的で、ストレス解消にも効果絶大なのです。

瞑想自体が、「脳内から幸福ホルモン(セロトニン)」がでて、穏やかになる解放感、喜びを感じる幸福感を得られるからです。】
その上、不安や恐れ緊張が消え去り、免疫力アップまで!

そもそも、ストレスや悩みがある時は、肩が内側に入り込み、呼吸も浅くなっています。

呼吸が浅くなるということは、充分な酸素が行きとどかず、体内の血の巡りが悪くなり、代謝は落ちて消費エネルギーも低下。
それによって、体調面、精神面でも不調になったり、太りやすい体質になったりすると言われています。

だからこそ、瞑想なのです。

瞑想の効果は、権威ある方々が、あらゆる研究を重ね実証されています。
例えば、ハーバード大学医学教授であり医師でもあるサンジブ・チョプラ著の「ハーバード医学教授が教える 健康の正解」という本でも“瞑想”を推奨しています。

以上、モチベーションアップ方法の3つのポイントでした。

ポジティブな言葉を使い、明るい未来を想像しながらアファメーションして、朝晩3分間の瞑想を日課にしていくと、モチベーションを高めたまま維持できるようになってきます。
モチベーションが高く保たれると、ダイエットは成功します。

やる気を起こすスイッチを手に入れたあなたは、自由自在にモチベーションをコントロールできるということ。

もしも、モチベーションが下がりスイッチOFFになることがあっても、あなたはスイッチONにして、ポジティブモードに切り替えられるでしょう。
モチベーションアップ方法を読んで覚えたら、実際にやってみることが大切です。

読んだままでは知識にしかなっていないので「いつかやろう」では忘れてしまいます。

身体を動かして覚えると、記憶されて感覚がつかめるようになるでしょう。
効果を得るにも、結果を出すにも、やらないと始まりません。なにより実践です!

さあ、あなたもポジティブモードのスィッチをONにしてみましょう。

恐るべし!ダイエットの停滞期…乗り切るには?

しかしながら…ダイエットには停滞期という、何をしても、全く体重が減らない時期が訪れます。
これは、ダイエットに何度もチャレンジした方ですと、停滞期は経験済みでしょう。

この停滞期こそ、モチベーションが下がりやすくなりますよね。

まるで、四方八方を壁で塞がれた暗黒にいるような気分に…。
暗黒では、ポジティブモードのスィッチさえ見当たりません。

ならば、光を照らしてみましょう!

ダイエットの停滞期を乗り切るため、希望の光となる対処方法をあなたにお伝えしたいと思います。
これから、『ダイエット停滞期の悩み、ポジティブモードのスィッチがONにならないときの対処法』について、詳しく解説したいのですが、更に長くなってしまいそうです。

なぜなら、とても重要なお話だからです。

大変、申し訳ございません。
ここからは、会員さま限定の情報とさせていただきます。
あしからずご了承ください。
※只今、会員登録すると、期間限定のプレミアム特典として、モチベーションアップを10倍加速させる「逆サブリミナルアファメーション強力バージョン」の音源をプレゼント中!

あなたがこの対処方法の情報を手にすると…
ダイエット中に停滞期が訪れても、わずか2分ほどモチベーションを高めることが可能となります。

さて、すっかりご挨拶が遅れてしまいました。

ここで自己紹介をさせて下さい。
私は平和主義がモットーのAtsukoと申します。

カウンセリング業に携わり、今年で13年目となりました。

学生時代から遡ること20年ほど過酷なダイエットに励んできました。
人生のテーマが「痩せること」だったほどです。

結果がでない悲惨なダイエッターを卒業して、今では健康と美容のため楽観的なダイエットを日常にとりいれています。

あらゆるダイエット方法を試していますので、家族や友人、知人からも相談を受けることが多くなりました。
新たなダイエット方法を発見したり、チャレンジしたりして、人に教えることも楽しみのひとつとなっています。

ポジティブモードのスィッチがONにならないとき対処法には、どんなメリットがあるのでしょうか?

今回は『ポジティブモードのスィッチがONにならないときの対処法』を伝授したいと思います。

この対処方法を知ると、あなたは、これらのメリットが得られるでしょう。

  • まず初めに、気分爽快になり安心感が得られます。
  • 次に、モチベーションが高まり意欲がみなぎってきます。
  • それから、ダイエットの悩みが激減してお金と時間の浪費が減ります。
  • さらに、イライラしなくなり、顔の表情が明るくなり若返ってきます。
  • そして最後に、誰もが羨むような憧れのスタイルを目指すことが容易になります。

ダイエットの停滞期を乗り切るため、誰よりも真っ先に希望の光となる情報をゲットして下さい!

さらなる特典として、あなたの隠れた能力を開拓する潜在意識について学べる限定ノウハウも読めるようになります。
この『ポジティブモードのスィッチがONにならないときの対処法』の情報は、マインド系ノウハウが満載の「マインドチェンジ覚醒塾」へ参加していただくと、無料で手に入ります。

この対処方法は、ダイエットのみならず、ビジネスでの成功、人生を豊かにするセミナーで実証されている情報となります。
ですから、ダイエットの目的で、この方法を試めしただけなのに、日常生活が、人間関係が変わってくるなんて、と1年後の今頃が楽しみになります。
あなたは、続々と訪れるあらゆる変化に驚くことでしょう。

もしも、この情報でモチベーションが上がらない場合は、お気軽にご相談ください。
私があなたの不安を解消できるよう全力でお手伝いすることをお約束いたします。

1年後…あなたが満足する体型に変化させたいなら今すぐスタート!

これまで、ショップで可愛い服を見つけて試着してみたら、ぽっこりお腹が恥ずかしくて試着室から出られなかった経験はないでしょうか?
それがキッカケで、ダイエットに挑んだものの、失敗の繰り返しで挫折…辛かったと思います。

そんな辛い思いは、ここで断ち切れます!

あなたが1年後の夏、自分の体型に満足し笑顔で過ごしたいのなら、今こそ!絶好のチャンスです。
今からグングン、モチベーションを高めていくと、美しさと幸せの両方が手に入ります。

「思考は現実化する」この言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

あなたのマインドを変えると、ダイエット成功までのスピードは速くなります。
「マインドチェンジ覚醒塾」への参加方法は、簡単です。

それではこの「受講案内」のリンクをクリックして、手順に沿って、手続きを進めていきましょう。

まずは「マインドチェンジ覚醒塾」の内容を確認後、その中にある「無料ウェブセミナーへ」ボタンを押すとページが変わります。
名前とメールアドレスを記入後、「受講する」をクリック。
次に表示されるページでログイン方法が確認できます。

それから1分後に、ご指定されたメールアドレスに受講の確認メールが届きます。
そして、その3日後に、あなたのメールアドレスに「新潜在意識革命入門」の無料受講の案内が届きます。
メールの内容をじっくり読んで下さい。
読み終えたらウェブセミナーを視聴して、参加方法を確認の上ご登録下さい。

登録が完了しましたら、まずログインしてから、こちらのページを表示して下さい。
ポジティブモードのスィッチがONにならないときの対処法』の情報が手に入れられます。

対処方法は4つあります。

読み終えたら、このページで解説しました「チベーションアップの方法3つのポイント」を覚えて、すぐに実践してみましょう。
ダイエットの停滞期ならば対処法も実践して下さい。

毎日、朝晩3分間瞑想する、ポジティブな言葉でアファメーションする。

これを日課にして、欠かさずやり続けていくと習慣化され、あなたの日常の一部になってきます。
すると、3週間後、朝起きて1日のスタートがポジティブモードに切り替わり、ダイエット生活は憂鬱なものではなく、楽しくなっていることに気づくでしょう。
そして、1年後には、ダイエットに時間を割くことはなくなり、あらたな趣味や目標ができて、有意義な時間を過ごすことができます。

もっと早く、マインドをポジティブに変換したいのでしたら、他のノウハウを身につけてみましょう。

追伸

想像してください…
1年後、スリムボディを手に入れたあなたの姿を。

鏡に映る自分の身体をみて、自然に笑顔になり、洋服選びが楽しくなってくるでしょう。

気分はいつでも晴れやかで、安心感につつまれ、これまでダイエットに使っていたお金や時間を何に使おうかワクワク。
周りの人たちから「スタイル良くていいね」「整形した?」と言われるほど、見違えた自分に出逢えます。

もう、サプリを大量に飲んだり、過酷なプログラムで運動したりして、イライラする必要もなくなるでしょう。

あなたがポジティブモードのスィッチを手にできれば、ダイエットは必ず成功します。
しかも今なら、期間限定のプレミアム特典として、モチベーションアップを10倍加速させる「逆サブリミナルアファメーション強力バージョン」の音源を無料で差し上げます。

さらに今回は、キャンペーンの特典として、サプライズでプレゼントをお渡します。

今すぐ決断された最初の10名さまには、他では手に入らない「モチベーションアップ」に役立つノウハウを無料でプレゼント!
今回限り、期間限定の特典ですので、なくなり次第終了となります。

このチャンスをお見逃しなく。

あなたは、これからポジティブな言葉を使い、朝晩3分間の日課として瞑想とアファメーションを採り入れることで、モチベーションが高まり、ダイエットの苦痛から解放されていきます。
それから日々、安心して楽しい食事タイムを過ごし、さらに1年後、爽快な気分で明るい未来を過ごせることをここで保証します。

朝晩3分間の日課と言葉を換えるだけです。

日課となれば、逆にやらないと気持ちが落ち着かないくらいになってきます。
素直なあなたならできるはず!

あなたがダイエット成功秘話を、誰かに「教えてほしい」と聞かれる存在になれるとしたらどうでしょう。

あなたは1年後…どうなりたいですか?
あなたの決断ひとつで未来は変えられます!
今すぐクリックして手に入れてください。⇒https://seikou1.com/mas_lp

最後にあなたへテストをします。

ここに書いてあったダイエット成功の鍵となるものは、次のうちどれでしょうか?

  1. 激しい運動
  2. 摂取カロリーを抑えるための絶食
  3. モチベーションアップ

マインドチェンジ覚醒塾」参加後に答えを記入してください。