お金を劇的にドンドン増やす方法~お金が死んだ日の感想

お金を劇的にドンドン増やす方法~お金が死んだ日の感想

※パスワードarigatou

『お金を劇的にドンドン増やす方法~お金が死んだ日の感想と学び』を紹介

のコンテンツは、

私が感じていたことと、知りたかったことを、

見事に代弁・説明してくれているため、

私が持つお金の悩みをすっきりさせてくれました。

それは「 お金の生死」についてです。

言い換えるなら、

お金の恩恵を理解すること、

加えて、お金により良く働いてもらう秘訣です。

お金はただの紙切れなのに、

「 曖昧 」で中立な立場にも関わらず、絶大な力を持ちます。

多くの人がお金を欲しがっているのに、

この「 欲しい 」という願望を実現化することが、上手ではありません。

もちろん、私もそうでした。

私には、お金について何が足りないのか、

誰に頼めばお金は増えるだろうか、

何よりお金の不安から解放されるには、何が必要なのだろうと、

長年考えていたように思います。

" この飲食にお金を使うという行為ですが、

トイレに流れていくたびに、「消費した」という実感をする時があります。"

冒頭のこの文章には、

そうそう!と前のめりになりました。

時間とお金が、そして食事を楽しんでいた心さえも、

水に流れていく現実があります。

「 これで本当に良かったの? 」と思う瞬間を感じてしまったら最後、

取り消すことができず、切なさを感じます。

" これは罪悪感というよりも

感謝の心と同時に、その命をいただいたエネルギーを大切に使う

という事を忘れないようにするための自戒です。"

私の感じていた感情は何だろうと考えていましたが、

この文章ではっきりとしました。

食べ物が身体に入った後しばらくして、喜びが消え、

形が無くなったことに対しての「 葛藤 」だったのです。

要するに「 交換 」して頂いた後に、

私自身がその恩恵を「 活かしていない 」ことに対しての葛藤だったことに気づき、

それを消費と呼ぶことで、腑に落とすことができました。

" 単に悩みや苦しむためにエネルギーを使うのはもったいないし、

いわんや自分以外の何かを苦しめるために使ったとしたら‥・ "

見て見ぬふりができない自身の行いに対して、

これからどう解決していけるか、

私はこのコンテンツに、その糸口を見つけることができました。

" 時間を代償として支払っているわけです。"

" 時間はお金と同じです。"

" なぜなら、時間を時間と考えているうちは、

いつまでたってもお金は増えないからです。"

3つのセルフチェックを念頭に置いて、

この言葉を突き付けられると、

私はいかに " 流されて " 生きてきたかを痛感します。

「 お金を水に流してきたように、気づけば自分が人生に流されている。」

そう感じるとともに、滑稽で自業自得に思い、苦笑してしまいました。

だからこそ、お金も時間も増やしたい、

得られたエネルギーも活かしたい、という気持ちが湧き出して来ました。

" お金は増えないとは正確には"お金は動かない"という意味ですが、

時間をお金と受け取らえた時点で、

お金は動き始め、使うこともできるようになります。"

「 Time is Money 」( 時は金なり )という言葉が思い浮かびますが、

私はこれまで、どうしてもこの2つをイコールにすることができませんでした。

時間が伸び縮みなんていうのは錯覚で、

お金は決まったところに決まった金額しか集まらない、

そう信じ込んでいたからです。

今ふと考えると、自分が変えられないという視点においては、

イコールなのかもしれません。

それなら、私はお金と時間を使う立場になりたいと、

握り締める手が熱くなるのを感じました。

" 投資のなかで、もっとも大事なことは、

『自己投資』であり、それがもっとも確実で可能性を秘めたものなのです。

この理由は、その資産は"誰も奪えないから"です。"

この文章を読んで、父の言葉が思い浮かびました。

私が習い事をしたいと頼んだ時や、

留学へ行きたいと話した時、

父は決まって「 応援してやる 」という言葉を使っていたことを思い出しました。

時を経て、父がなぜこの言葉を使ったのか、

いえ表面的には理解していながらも、

父の意図を汲み取っていなかったことに愕然としました。

父は私に投資してくれていたのだ、と咄嗟に気づいたのです。

自分が出来ない分、お金で「 経験に直結する時間 」を私に提供してくれたのだと、

ため息とともに、感謝の念が湧き起こりました。

過去に何度も聞いた応援の言葉を、

今度は、自分に使いたいと思います。

近い将来父にも恩返しできるように、

「 自己投資 」を行いたいと強く思いました。

" 正しい選択を行い、素直に学び吸収し、行動を起こしていく… "

このフレーズには、ハッとさせられました。

私の性格は頑固で、最初は人の言葉に内心反抗し、

後になって人の言葉に感謝するような、のろまな亀のようです。

ですが亀であっても、兎よりも早く、それも着実にゴールに辿り着きます。

仕事で痛い目を見て、社会で揉まれてきた経験があってこそ、

私は認めたくない自分の多くの側面を見せられてきました。

私はそうした経験と時間を経て、気づきと繋げることで、

「 反抗する暇があったら感謝して、その恩恵を受け取ろう 」

このように現実を捉えようと思い至りました。

またお金を増やすには、お金について知り、

自己投資すべきだということを確信しました。

そのためにはお金について、教えてもらうことが堅実です。

お金から派生して、あらゆることについて興味を持ち学ぶ。

教えを乞う場合には、

能動的に質問したり、模索したりすることで、

より発展的に学びを深められるように思います。

私はもう赤ちゃんではありませんから、

これまで生きてきた過程と経験がありますから、

確実に成長を加速することができると思います。

学ぶべきものがなんと多いことか、に気づくことで目が醒め、

今更、という言葉を使うことが恥ずかしくなり、

それよりも、学んだことを素直に実践していきたいと思います。

" わたしも1万円を使う度に、

この1万円はいくらに増えるだろう?

どれくらいの人たちを喜ばせることができるだろう?

と楽しみながら使うようになってから、世界が劇的に変わりました。"

私は好き嫌いが激しいので、

好きなものにお金を注ぎこむ時、またそれが形のある物である時は特に、

ウキウキとお金を手放します。

また、それを手に入れるまでも頑張って働きます。

しかし、仕方がないものへのお金の使い方は、

「 支払い 」という感覚でしかありませんでした。

その感情こそがお金を殺し、

また、渡した先にも負の遺産を渡していたのかと思うと、

反省に反省を重ねるばかりです。

このコンテンツを読み通していくと、

お金への印象を変えると、あらゆる場面で変化が起きるように思います。

なぜなら、常にお金と仲良くなれるからです。

喜びにフォーカスすれば、お金を使う前と後も変わらず、

お金を喜びの媒体として使いたいと認識を改めることができました。

お金が増えることは、喜びが増える証拠なのですね。

それは「 自分だけ 」に、お金と喜びが増えるのではなく、

自分を中心に末広がりで、

また社会全体の輪の中で、無限の広がりが繫がり合って増えていく、

という発想に行き着きました。

お金に苦しむ、お金を殺すだなんて、

恩知らずもいいところだと思いながら、

コンテンツを読み終わった後は、心が軽くなりました。

大きな気づきを頂きまして、有難うございます。

これからはお金をもっと大切にできそうです。

※パスワードarigatou

お買い物カゴ
Scroll to Top