コクーン(cocoon)のテーマで文字の囲みを行う方法を解説します。

まず、囲みたい文章をドラッグします。
その後、編集画面の上部で「スタイル」から「ボックス(白抜き)」そして「色」を選びます。

コクーン(cocoon)のテーマで色の場所
コクーン(cocoon)のテーマで色の場所

通常はこれだけで囲み線が入ります。
しかし例外として、箇条書きなどを囲む場合、うまくいかない場合があります。
箇条書きの文字の囲みの場合、このようになってしまいます。

コクーン(cocoon)のテーマで色の場所で箇条書きのデザイン
コクーン(cocoon)のテーマで色の場所で箇条書きのデザイン

その場合、次のように行います。
まず冒頭の文章列をドラッグして、上記のようにスタイルから選択します。
すると、このようになります。

コクーン(cocoon)のテーマで色の場所で箇条書きのデザインで文字列をドラッグ
コクーン(cocoon)のテーマで色の場所で箇条書きのデザインで文字列をドラッグ

次に上部から「テキスト」をクリックしタブを切り替えます。
その後、</div>タグを切り取ります。

コクーン(cocoon)のテーマでテキストのタブ
コクーン(cocoon)のテーマでテキストのタブ

囲みたい文章の末尾に</div>タグを貼り付けます。

コクーン(cocoon)のテーマで貼り付ける場所
コクーン(cocoon)のテーマで貼り付ける場所

その後タブを元に戻すと、しっかりと囲まれていることが確認できます。  

コクーン(cocoon)のテーマで囲みの結果
コクーン(cocoon)のテーマで囲みの結果