心理的なブロックを解除する13の方法

理的なブロックを解除する13の方法として『ピークパフォーマンス~トランスフォーム13』というタイトルで教材を制作しました。
※最後に添えてありますので、今だけ無料で受け取れます

あなたには、何かブロックが働いていると感じることはありませんか?
そしてそのブロックが外れることで、もっと思いきって行動できるのに…
と感じたこともあるのではないでしょうか?

そんな時には…こちらが役立ちます。
コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)をコントロールし進化へと導く方法となります。

コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)をコントロールし進化へと導く

ンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)の影響は、
これから何をやるにしても、あなたの邪魔をしてくる可能性があります。

この理由で、ブロックを解除することはとても大切な事なので、
基本として少し詳しく解説してまいります。
最後に、とっておきの解除方法の案内をご用意してありますので、
じっくりと最後まで読んでいただければ幸いです。

 

コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)について

コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)は、競争化社会において誰しも抱えている悩みの1つだといえるでしょう。
なぜなら、強い人は更に強い人と比べられるシステムになっているからです。

どんなに成功しているように見える人でも、いや、成功していると見える人ほど、表に出せない苦しみを抱えていることが多いといえます。
この理由は、表に出してしまえば、出来ない人のレッテルを張られかねないからです。
つまりこれは、皆が皆ほとんどの場合、胸の内にしまいこんでしまっていることになります。

そして、コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)は、モチベーションアップの1つの材料とすることもできますが、殆どの場合重荷になってしまうことが多いといえるでしょう。

そのままにしておくと、コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)が、知らないうちに成長して蝕んでいき、ややもすれば健康をも概していることがあるわけです。
ということで、コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)は、1日も早くその事を認識した上で、コントロールし進化へと導く必要があります。

ここでは、このコンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)を、進化に導く点にフォーカスしてお伝えしてまいります。

コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)

 

コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)とは

もそもトラウマ(心的外傷)とはいったい何なのでしょうか?
ここで簡単にまとめてみたいと思います。

外からの強い刺激が衝動的であり、その外傷体験により、長い期間、不安定な影響として自身の行動や考え方にロックをかけてしまう状態
※オーストラリア白人系ユダヤ人アシュケナジムの家庭に生まれた精神分析哲学者
ジークムント・フロイトの著作の強い影響からトラウマと呼ばれる

この意味を見ますと、まさにフロイトの強い影響により、トラウマが強化してしまった皮肉も感じ取れますが、コントロールするためには、表面化(具現化)するために言葉にする必要があるわけです。

続けましょう

例を大まかに出すと、暴力と大規模な自然災害であり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を生じる場合もある。
PTSDとは、生活機能への障害をもたらすストレス障害、外部の出来事に対して過敏に反応するようになり、認識の再構成を含め、恐怖や無力感、警戒心などが生ずる
認知(解釈)をコントロールすることで、バランスをとる認知行動療もある、これは、場合によっては悪化することもあるため、十分に状態をみながら進めていく事が重要

ここでお伝えしていくのは、精神科の治療が必要な心の病気ではなく、誰しも抱えているコンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)の部分となります。

現代社会においては、最初から何の問題もなく、順風満帆に死ぬまで過ごせる人は少ないといえます。
それは、誰しも多かれ少なかれ、コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)を抱えている事実が物語っているといえるでしょう。

それではここで、コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)を抱える3つの問題点を挙げてみます。

  1. パフォーマンス(能力)の低下
  2. 不安と恐怖による負の連鎖
  3. やる気と行動の阻害

身近な例を一言で表すとするなら…
「また、○○が起こるのではないか?」という予測が起こり、「また、失敗するのではないか?」ということへ繋がっていくわけです。
そうなると、悪循環が繰り返され、より強固になってしまいます。

コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)は痛みであり、成長や創造、誕生には痛みが必要だとの見方もできます。
大事なのは、コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)をコントロールすることで転換し、活かしていくことに他なりません。

それでは、大体の意味を把握したところで、次へ進んでまいりましょう。

セルフイメージと劣等感の関係とは?

まずあなたに、1つ大切な質問を投げかけますので、考えてみてください。

「成功した人をラッキーだと思いますか?」

確かに運も成功することに重要な要素だといえます。
ただこれは、成功の1つの要因に過ぎないともいえるわけです。

ではなぜ、このような質問を投げかけたのか?と言いますと、基準を何処に置くかで、成功をコントロール出来るか否か、が決まってくるからです。
セルフイメージとは、自分自身の姿ということですが、これを作る要素には、次の3つが挙げられます。

  • 基準を外に作る(比較)
  • 人に任せてしまう(依存)
  • 知識と経験を活かす(自立)

この内の上記2つはコントロールが簡単ではありません。
この理由は、過去の事であり、自分以外の他人による比重が大きいからです。
しかし、3つ目の知識と経験はコントロール可能です。

ちなみに、経験とは、どんな事をいうのでしょうか?

この経験のうち、
経とは、例えばお経や○○経など、何かを伝える(教えを記した文章)という事
験とは、ある事を行ったことによる効きめや効果
となっております。
すなわち知識とは、誰かに伝わってこそ、はじめて経験として活かことができるわけです。

脳にインプットした知識を元に、経験を積み活かしていくことが重要だといえます。

更に、知識を経験に変え結果を変えるためには、もう1つ必要です。
それは、決断となります。

決断の効果とは、こうなれば(原因)こうなる(結果)
この中の⇒(矢印)にあたる部分(経過)を、縁起といい、決断を意味しています。

一般的には、結果を重視し、結果で判断し、結果を改善するために原因を追求し改善していきます。

ここで重要なのは、経過です。

つまり、決断は、チェンジ(変える)力を加えられるのです。
それは、言い換えるなら、決断をする事で、結果を変えられる事を意味しています。

例えばそれは、他人から何と言われようと、「○○には絶対にならない」という、コントロールできる装置を手にした事を示しているのです。

ジグ・ジグラーをご存知でしょうか?

全米のセールスパーソン(営業)で訪問販売のトップになった人で、ハイレベルなパフォーマンスの権威者とも呼ばれ、人間のポテンシャル(可能性)を心身両面で引き出すことを目的とした会社”ジグ・ジグラーコーポレーション”の理事長を務める人です。

彼の言葉を紹介しておきましょう。

「成功者は生まれつきではなく、作られるものである」
「成功は習得できるスキルである」

つまり、成功とは身につけられる技術ということなのです。

潜在能力を発揮するとは、パフォーマンスを最大限まで持っていき、ポテンシャルをアップすることです。
「変化の科学」というものがあり、その中で語られている言葉には「変化は一瞬のうちに起こる。時間がかかるのは、変化への準備だ」というものもあります。

例えば、金銭的なコンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)を克服するスキル、成功するためのスキルなど、目標を決め、それを実現するためのスキルこそが重要となるのです。

この共通点とは、自分に変化を起こすために学ぶということになります。

続いては、コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)を変化させるための、具体的な方法をお伝えしてまいりましょう。

フォーカスとコントロールと変化とは

まず理解しておいていただきたいことは、成功と幸福がどのように関係しているのか?ということです。

成功=幸福=無条件の愛を受け入れることとなります。
つまり、愛情を受けられないところでは、コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)が起こる可能性が高い、ということになるわけです。

ここであなたへ向けて、1つの質問を投げかけます。

あなたがこれまでに、人生最大の痛みを感じた事は何ですか?
まずは、この事を見つめる(認識する)必要があります。

例えば、子供を良い環境で育てる事は大切な事だといえるでしょう。
(良い環境には最低限のお金も必要です)
その意味でも、子供の頃から振り返ってみると、コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)の原因となるものは様々な事が考えられるわけです。

認識できた後は、次の事を理解することになります。

それは、『全ての事には、元々意味は存在しない』ということです。
※この意味は、意味はそのままで意味がある、ということとなります。

例えば、次の事を想像してみてください。

「地球上に全ての人類がいなくなったとしたら?」どうでしょう?
そうです。
ただ自然に時が流れていくだけとなります。
つまり、意味付けとは、人間だけが出来る事であり、人間の持つ最大の特権ともいえるわけです。

この特権を行使していくことが、最大のポイントとなります。
そして、ほとんどの意味付け(タグ付け)は、質問によりなされるのです。

では、フォーカスするための質問とは?

はい。

長くなりそうなので、この続きは、読みやすいようにPDFで続きは制作することにしました。

続きをお読みになる場合、コチラのフォームより許可を出していただくことで、ダウンロードURLが送られてきます。
期間限定で、『新次元メールセミナー』内で、無料にて提供しております

コンプレックス(劣等感)とトラウマ(心的外傷)

 

あなたの能力を、最大限にまで高めるスキル
⇒ピークパフォーマンス『トランスフォーム13』を無料で受け取る

19日に完成予定が、1日伸びてしまい、20日(金)PM8:00に完成しました。
有料にできるほど力を入れて制作しましたので、今すぐクリックし、ワクワクしながら読み進め、力を手に入れてください

今だけ『新次元メールセミナー』内で、無料にて提供しております
※受講者のみパスワード配布-ログイン後、表示されます
⇒今すぐ【ピークパフォーマンス『トランスフォーム13』】の送付許可をする

既に受講されている方は、後ほどパスワードが送られてきます。
今しばらく楽しみにしながらお待ち下さい。