なぜ、ウェブライティングで失敗しないのか?
なぜ、ウェブライティングで失敗しないのか?

【方法】あなたは、ライティングテクニックやWebライティングで、こんな間違いを犯していませんか?
ここでは、私が犯してしまった過ちを告白します。
私はライティングテクニックを学んでいました。すると、こんなことが起きたのです。

新フランチャイズシステム(NFS)セッション「実践5・超速ライティングテクニック」サブタイトルは、書くための根本的なテクニックを解説となっていました。

「実践5」セッションは前半と後半に分けて、ライティングテクニックを学んでいきます。
私にとって2つに分けられていたのは、とてもありがたいことでした。

今回、受講した「実践5」前半でも、ライティングのテクニックについてギッシリ詳しく解説されているので、もしも、重要なことを1つにまとめて、長時間に渡り教わってたとしても、多分、私の場合いっぺんには理解できなかったかもしれません。

分けられていたことで重要なポイントはより深く、例え話を交えながら判りやすく解説されていました。

そして「ライティングテクニック」しかも超速!
これを学べるとワクワクしながら受講中、あることに気づきました。
それはライティングに対する、私の認識が本末転倒だったこと。

ライティングが重要であることを、理解したつもりになっていただけでした。

ライティングテクニックとは

ライティングテクニックとは、そもそもライティングは”書く”こと、テクニックは”技術”、”技法”
ならばライティングテクニックは「書くために必要な技法」となります。

この意味合いから、「文章を上手く書けるようになりたい」、「整った文章を早く書けるようになりたい」と私は常々考え悩んでいました。

けれど、今回のセッションで、この考え自体が本末転倒だったということに気づきました。

Webライターになりたい!
なんて言っていた1年前の自分が恥ずかしいです。

そう、ここでいうライティングテクニックとは「書くため」ではなく「読んでもらうため」のテクニックを学ぶということでした。

コンテンツを作成する際、もっとも必要になるテクニックであり、違う言葉で表すとこのように「文章で相手を動かすスキル」のことだったのです。
ライティングテクニックで重要なことは、何かを知りたい人のために必要な情報を伝えてあげること。

一歩が踏み出せずにいる人が前に進めるように、ポンと背中を押してあげられるような内容がコンテンツ内の文章に書かれていることが大切なんだと思いました。

コンテンツで、自分の教えたいことだけをツラツラと文章を書いても、読まれてもいない可能性があり、共感さえしてもらえてないことになりますよね。
ネットビジネスやアフィリエイトをやりこなして収益をあげている人なら「そんなの知ってるよ」「いまさら?」と感じているかもしれません。

けれど、私と同じように”ハッ”として、目が覚めたような気分になっている人もいるのではないでしょうか?

Web上で文章を書くライティングテクニックは、文章を上手くきれいに書くことを目的にするのではなく、そもそもの理由と目的が違っていたことお気づきになりましたか?

そして、読んでもらうことも行動のひとつですが、その次の行動を起こしてもらうのも、その人のためでもあり、あなた自身のためでもあるのです。
では、読んでもらうために、Webライティングテクニックで重要なポイントとは?どんな事があるのでしょうか。

Webライティングで重要なポイント

Webライティングで重要なポイントとは、”ターゲットの絞込み”。
これがかなり重要なポイントとなります。

あなたが誰に向けて情報を発信しているのか?
その理由?目的は?

誰かに読んで欲しい、誰かの役にたてたらという、その誰かが漠然としていて、不特定多数に向けているような文章だと、本当に必要な情報が、必要としている人に届いていないかもしれません。

もし、面白いことで誰かに笑って欲しいことが目的なら、笑えるブログ、気晴らしになるブログを書いて、誰かに反応してもらえると嬉しいことですね。

この場合はターゲットは誰でもいい。ということになります。

けれど、ここのコンテンツを読んでいるあなたは、誰かに笑って欲しい目的で、
ライティングテクニックという言葉に反応した訳ではないですよね。

理由があって目的があるからこそ、ライティングテクニックについて知りたい、学びたいと思ったのではないでしょうか?

Web上で文章を書いているのは、新フランチャイズ(NFS)だけではなく、ネットビジネスでアフィリエイトをやっている人、クラウドソーシングで企業様から指定された文章の作成を請け負っている人、フリーランスで記事を作成している人、自社ブログを書いている人など、沢山の人がWeb上で文章を書いて情報を発信していますね。

どの方も遊びではなく、ただ話したいからでもなく、仕事としてインターネットを活用して収入を得るために、収益を上げるための目的で情報を発信しているのです。
そして、Webライティングで”ターゲットの絞込み”が重要な理由も、困っている人、悩んでいる人など、情報が本当に必要な人に伝えて助けてあげるためにということになります。

例えば、私は大人ニキビ、とくに顎のニキビが治らないことをすごく悩んでいて、インターネットで「大人ニキビ、治す」、「アゴの大人ニキビ」で検索して色んなサイトで調べまくっていました。

その山ほどあるサイトの中でも私と同じように、ご自身が大人ニキビがなかなか治らなくて悩んでいた経緯が書かれていて、「これを使ったらみるみるうちに治った」というおすすめの商品は有力な情報に思え、購入に至りました。
そして、その商品を使って本当に大人ニキビが治り、その方に助けられた気分になりました。ですので、ターゲットを絞込みを誰にするかといいますと、過去にあなた自身が抱えていた悩みと同じような悩みを持って困っている人です。

つまり、あなたが救ってあげたいと思う人がターゲット。

もちろん過去の悩んでいた自分を助ける気持ちで教えてあげるようして、過去の自分自身をターゲットにすることもOK。(これは以前のNFSのセッションで学んだこと)
その人に必要な情報を伝えてあげるために、Webライティングテクニックではターゲットの絞込みが重要なポイントなのです。
そして、あなたもお仕事として収入を得るために文章を書いているなら、目的意識の再確認をしてみると良いでしょう。

何のため?誰のため?その理由や目的は?
自問自答してみてください。きっと答えがでるはずです。
ライティングテクニックを学ぶ上で、悩ましいのは次のこと。

言葉は話せるのに文章となると…?

ライティングテクニックを学ぶ前に重要なこと

ライティングテクニックを学ぶ前に”マインドセット(心構え)”が重要となります。

言葉では伝えられるのに、文章では書けない。そしてへこむ。
その部分をクリアにできる方法を
今回のセッションを受けて知ることが出来ました。

私も人にペラペラ喋っているのに、文章で書くとなるとめっきり手が進まないのはなぜ?と思っていました。
女性は特にそう感じるのではないでしょうか。

人は1日に発する単語数は、男性で平均7,000語、女性では平均20,000語ということが、米国のメリーランド大学で行われた研究でそのような結果が出ているといいます。

そう、まずはここ「あなたはすでに日本語を話せるという結果を手に入れている」ということに気づいてください。
そして、あなたが〇〇〇〇を持っているということにも気づいてください。

〇〇〇〇とは、実践と学習と気づきで得られた蓄積のことです。
あなたがこれまでに経験したこと、それによって気づいたこと、知り得た知識が、〇〇〇〇に詰まっています。
日本語は50音を並べ替えているだけとはいえ、ひらがなから、漢字、カタカナを合わせたらすごい量ですよね。

これもあなたの〇〇〇〇の中に納まっています。

赤ちゃんの時には少なかった言葉も、成長した今では難しい言葉や専門用語までも知っているのでそれだけ〇〇〇〇の数が増えた。これだけでもすごいことだと思いませんか?
〇〇〇〇の数、量は、あなた自身で増やせていうるということ。
ですので、ライティングテクニックを学んでも、なかなか文章が書けないと行き詰ってへこんでしまうのは、〇〇〇〇の量が少ないと自分で思っているからなのです。

〇〇〇〇の数、量が増えて多くなると、自分自身が限界だと思っていた地点が、限界ではなく余裕で超えられるようになります。

へこみそうになっても「そうだ!あの手があった」と、閃くこともでき、クリアできるようになるでしょう。
自分の限界を決めてしまっているのはあなた自身。ライティングテクニックは身構えるものではなく、あなたが日々違いに気づくだけで変化を手に入れられます。そして諦めないで変化と成長を楽しむことも大切だと思います。

今回のNFSセッションでは、〇〇〇〇の数、量は人によってそれぞれ違うこと、またその増やし方と、コミュニケートスキル(意思、感情を伝えること)の〇〇〇〇を増やす方法を学ぶことができました。
ライティングテクニックを学ぶために、重要なことを知っておくと本末転倒にはならずに済みます。

※文中にあるの〇〇〇〇は、次回のセッション「実践5(後半)」でお伝えしたいと思います。 新フランチャイズシステムの詳細はここをクリック

⇒新フランチャイズシステムの詳細はここをクリック