思考は現実化する?いいえ、思考は現実化しない!
思考は現実化する?いいえ、思考は現実化しない!

ナポレオンヒル 思考は現実化する

思考は現実化する」これはナポレオン・ヒルの有名な成功哲学の代表作です。

しかしはたして本当に思考は現実化するのか?この自問自答に対しての経路をこの記事にメモっておきます。
ですので、これはあくまでも自分自身のための記事なのであしからず。

動画セミナーはこちらです。
”思考は現実化する”そのために必要となる3つのバランスとは?

思考は現実化するはwikiによると、ここで要約

ナポレオン・ヒルが世界の鉄鋼王アンドリュー・カーネギーから頼まれたこと
「20年間で500名以上の成功者を研究し体系化」
中身の要約は、成功者の体験談の集まり

感覚としては、牧師であるジョセフ・マーフィーの成功法則よりは具体的で、実業家であり作家であるデール・カーネギーよりは抽象的
ナポレオン・ヒルが元々インタビュアーだったからかもしれない。

A,思考が現実化すると、世の中にいるスケベな妄想は実現してしまうのではないのか?

Q,妄想ではだめ。理由は具体的ではないから。
細部に渡るまで思考までの軌跡を具体的にイメージし、1つ1つ実行していく。
すると現実化するしかなくなる!

とはいかない(残念ながら、ことは単純な話ではない)。

なぜならば、「成功する」という思考(イメージ)と「成功しない」(イメージ)の壮絶な?闘いが繰り広げられるから。
分解すると、「成功する」は未知の未来へのイメージ VS 「成功しない」は過去の実体験によるイメージ
この時点で成功しないがかなり有利(実体験だもの)。

では、「過去の成功の体験イメージ」+「過去の成功しない体験イメージ」ではどうか?
同じ実体験のはずだ。

脳の回路は刺激が強かったほうのイメージ(記憶)が上書きされていく(無意識では特に)。
「過去の成功のイメージ」より「過去の成功しないイメージ」が刺激が大幅に上回る。
理由は、「過去の成功のイメージ」は「やった~~~!」で瞬間的
「過去の成功しないイメージ」は「ショ~~~ック!」これは刺激が残る。
無意識の思考経路
なぜだ?なぜ失敗した?いや違う俺のせいではない。なぜなら俺は成功する男だから。
いやしかしだからこショックだ。もしかしたら…。いや考えてはいけない。でも…しかし…

「成功しない記憶」はドンドン上書きが可能
では、「成功する思考」だけを常にイメージしていけばどうだろうか?

はい。そう簡単ではない。

面倒なのは成功しないイメージをやめようと思うほどに、イメージがふくらんでいくことだ。
それと成功セミナーなどは今成功していないから必要だと無意識で認識されかねない。
今考えていることもそうだ、未だ成功していないから成功する方法を試行錯誤しているのだろう?
成功していない上書きがはじまる。

しかし、ここで「そもそも論」がでる。
そもそも、”思考は現実化する”の元になっている著書の題名はThink and Grow Rich(頭を使って豊かになれ)となっている。
そうだ。頭を使わなければいけないのだ。
常に現実に密着して意識していかなければならない。イメージ(思う)だけでは現実化しない。
考えてみれば、ごく当たり前のことだ。
ではなぜ勘違いが生まれるのか?
人は自分の都合のよいように解釈してしまうから。「イメージしただけで?そりゃ凄いいいな~」という感じ。

あきらめない以上に大切なことは、考えることをやめてはいけない、ということだ。
時に無心も必要だが、それはあくまでも無心になると考えた上でなければならない。
考えることに疲れたから無心に…これは休憩のこと(これはこれで必要)

することここで、「いや、みんな何かしら考えて生きている」と出てくる。

ということは…
同じ考えるといってみても、意志を持って考えるということこそが重要…

このメモは書きかけです。

動画セミナーはこちらです。
”思考は現実化する”そのために必要となる3つのバランスとは?

こちらは以前のコンテンツです。

永遠に思考は現実化しない-現実化しない3つの理由とは?

永遠に思考は現実化しない-現実化しない3つの理由とは?
永遠に思考は現実化しない-現実化しない3つの理由とは?

きなりですが、なぜ、思考は現実化しないのか?その結論をさらっと一言でいうと…

意識して考える時間が圧倒的に少ないこれが理由です。
※もっとも重要な理由である、3つめの理由は最後に記載しました。

前置きとして、あなたが私を信用する必要はありません。
信用するか?しないのか?そんな事は些細なことに過ぎません。
同時に、最後まで読まない。何も行動も起こさない。
それも、あなたの自由です。
全ては、あなたの自発的自由によって選択された結果に過ぎません。

それがあなたの現実となります。なぜなら…
その理由をここでお見せします。、
特にここでは、成功法則の真実をお見せしましょう。

動画セミナーはこちらです。
『”思考は現実化する”そのために必要となる3つのバランスとは?

1つめの理由 無意識に支配されている⇒常に意識(思考)する

意識とは表層意識と無意識に分けれますが、難しく考える必要はありません。
常に、いつでも、どこでも、どんな時でも…エジソンのように、アインシュタインのように、あなたの望む現実を意識し続けることで現実化します。

それは、単なるイメージではなく、自分の心に耳を傾け、自分自身を先導する事です。
言葉による誘導も含め、あなたのコントロール出来る、あらゆる全てのものを使用し誘導する必要があります。
つまり、ただそれだけです。無意識を変えるには、ただ意識を注ぎ続けるだけ。
それ以外の余計な情報や無意識に身を任せる行為を変える事です。

この話を聞いている時も、あなたはあなたの望む現実を意識しながら読まなければなりません。

そうでないと、単なる知的好奇心を満たすだけの娯楽にすぎなくなってしまいます。

宜しいでしょうか?

かなり重要な事なので、もう1度言いますね。

あなたの日常全てをあなたの理想とする現実を意識することで満たすのです。
そうです。
全てを!

はい。

今、何を考えていますか?

「何も考えていない…」

そんな事はありえません。人は考える葦であり、思考を停止することは出来ない仕組みで出来ています。
何も考えていない状態、それはただ、無意識に身を任せている状態に過ぎないわけです。
そして、ここが肝心なのですが、その無意識は過去の産物だということ。
無意識で判断や選択している材料の全ては過去の産物です。

あなたはこれから、望む未来を意識し思考することで、判断と選択をしていかなければなりません。

簡単です。

贅肉だらけの身体から筋肉質の素敵な身体に変化するようなものです。
最初だけ、意識的に負荷を与え、それが自然になるまで意識的に思考を継続するだけの話となります。

今すぐ自発的に意識(思考)をスタートし自動化するまで継続してください。
多くの思考が現実化しない人々の共通点は、自動化する仕組みをつくっていないことです。
作る前に挫折してしまうわけです。

そうならないためには、ただ考え続けるだけではなく、目的達成のための計算をした上で考えを巡らせなければなりません。
それが2つめの理由となります。

2つ目の理由 目先の事だけ現実化する⇒計算して組み立てる

考とお金は正反対に位置するものですが、奇妙な事に、その半面とても性質が似ています。
これは素粒子のように、一見矛盾するものですが、とても参考になるわけです。

この動画を観たことがあるでしょうか?

パブロとブルーノ

※【無料】1日10分90日間思考するだけで不労所得の思考が身につく動画

ここで重要な事は、今晩の晩飯だけは現実化しているという事実です。

考え方が自動化するためには定着させなければなりません。
そのためには、脳内のパイプラインを形成する必要があるわけです。
つまり、ただ行き当たりばったりで思考していても、時間だけが過ぎていくという結果に終わってしまいます。
仕組みづくりを考えなければなりません。

これは日本人だから、外国人だから…そんな事は関係ありません。
ナメック星人なら別ですが、同じ地球人なら、大昔のローマ帝国時代のギリシア人に関わらず、古今東西に関係なく共通する法則です。

ちなみに、この動画や考え方は、ネットワークビジネスや稼ぐ系、自己啓発系などでよく使われる手法です。
その手法に囚われしまうと、結果を出せないパブロという、もっとも恐ろしい悲惨な結果が待ち受けてしまうといえるでしょう。

ではなぜ、このような事になってしまうのか?

それは、一言でいえば計算が甘いからです。
無意識に身を任せ自己都合解釈に陥ることで見えなくなってしまうわけです。
計算すれば直ぐにわかること。それが現実となります。
その現実から目を逸らさせる手法に捕まる事で、あなたではなく、何も知らないあなたを騙した人の望みが叶ってしまうわけです。
(そんな事は、あなたは望んでいないはずです)

少し分かりにくくなりましたでしょうか?

分かりました。
分かりやすくするために例を出してみましょう。

まず、あなたはあなたの望む現実を明確に設定します。※誰かのではなく
次に、その現実までの距離を測ります。
その距離が…そうですね。人によって理想と現実の距離は差がありますので、ここでは100歩だとしましょう。
※100歩という数字を出すために、あなたの環境と体力などを正確に測定する必要があるという前提でお考え下さい

そうすると…

1日何歩進むかわければ、到達日数が出てきます。
最悪で設定してください。

最悪とは?

どんなに最悪でも、この位を続ければ、例えアクシデントの連続に出くわしたとしても、
諦めさえしなければ、到達できる日数です。
もっと分かりやすくいえば、月1万円貯金して、3年後に海外旅行にいける(これは自動化ではありませんが)

これからは、あなたの理想を確実に現実化しない無駄な事に、思考を使わないで下さい。
裏を返せば、ただそうするだけで、確実に現実にする事は簡単にできるわけです。

では、このようにコツコツと日常生活において思考のパイプラインを形成していく中で、いったいどこを見ていけばいいのか?
という視点を添えておきましょう。

その答えは…

斜め上です。

その理由は…上を見過ぎると疲れますし、下を見過ぎるとリスクがあるからです。
たまに上を眺め、時には下をチェックし、基本は斜め上を観ながら…
直ぐに結果を出そうと決してあせらない、しかし常に意識を継続しつつ、緩やかに登っていく…
このような視点です。

宜しいでしょうか?

最後にこれだけでは理解しておいてください。

あなたの現実は、あなたが作れる、ということを。

では、いよいよ最後、3つの目の理由に移ります。
こちらです。

3つ目の理由 日本人だから⇒日本人向けにカスタマイズする

和の成功法則
ページ目⇒思考は現実化しない3つめの理由
※現実を創るとは、自発能動的思考に切り替えるということです。
全ては当たり前。奇跡を当たり前にしなければなりません。望む現実が当たり前のように…

この3つ目の理由が薄っぺらい模倣に過ぎない大嘘だということを暴いた原書がコチラです。
3つ目の理由をご覧になった後、覚えていたら、最後に覗いてみてくださいね。
⇒『真の願望実現プログラム

タダほど高いものはありません。
フリーミアムとは、仕掛ける側が隠している利益を搾り取るためのパイプラインです。

理想を現実化したい人で、この意味が分かる人は、もしかしたら少ないかもしれない。
しかし、ここまで読み進めたあなたなら分かる真実があります。

その隠された真実とは…

何だと思います?

それは裏の裏は表であり。それはトリックだということです。
裏の裏の裏、そこまで行ってはじめて真実と出会えます。

わたしは偉そうな事は何も言えません。
出来る事は真実への扉を開くキッカケとなる鍵を渡すことだけです。

その扉はあなた自身でしか開けない扉となっています。

観えるでしょうか?

真実はあなたの中のスイッチを押すだけということです。
出来るスイッチを押せば、何をしても上手くいく
出来ないスイッチを押せば、何をしても上手くいかない
ただ、それだけの話しです。
分かるスイッチを押せば、直ぐに分かる
分からないスイッチを押せば、永遠に分からない
それだけの事です。

その答えは潜在意識革命の教材で詳しく解説しましたが、ここではあえてリンクを載せません。

真実は、あなた自身が、能動的に探し出すべきです…

既にお持ちの方は、何度でも読み返してみてください。
不思議な声の振動に気がつくことでしょう…