時間を止める方法とは?
時間を止める方法とは?

間の使い方の3回目として、今回は時間を止める方法をお伝えしてまいりましょう。
申し訳ございません。
こちらの都合で短めにポイントだけ絞ってお伝えします。
今回は特に、ほとんど自分のためのメモですので、説明不足の点は各自応用してご活用くださいませ。
※加筆修正を行いました

結論から先に申し上げます。

現時点では時間を止める方法など存在しません。
考えてみれば当然の話です。
無理があります。

ご理解いただいた上で、読み進めてください。

前書

あなたの時間を無駄にしないために、前書きを添えておくことにしました。

時間を止める方法は、科学では解明されていません。
もし解明されていれば、時間を自由に止められる装置が開発されているからです。
時間の研究に詳しい人に聞けば聞くほど、方程式を元にした難しい解説をしていただけるでしょう。

ここでは、あくあまでも概念として紹介してあります。
最後まで無料で観覧可能です。
※知的好奇心を満たすためとはいえ、無駄なお金は使わないようにしましょう。

追加:少し長くなりましたので、最後までしっかりとお読みいただいた方へは
ささやかな御礼として、最下部へ悪用厳禁特典(無料)をお付けしました。

もしあなたが時間を止めたい理由が、相手を停止させたい、あるいは時間を有効活用したいといったことならば、少しはお役にたてるかもしれません。

少しというのは、どう考えても、否、客観的に考えれば考えるほど、無理やり感が否めないからです。
ですので、あくまでも主観的観点の話だということを添えておかなければなりません。
※それでも追求していくつもりです

これは時間の法則の内容ではなく、メンタル面と身体の感覚といった内容となります。
よって、捉え方次第となる可能性がありますので、あしからずご了承の上、お読みください。

この理由で、あなたに何らかの”気づき”を与える助けにはなるかもしれません。

前回の時間の使い方2はこちら
⇒時間の使い方2~時間の停止から加速へ3つの秘訣

もしあなたが願いが叶わないと思えた時には…
⇒願いが叶わない理由と、叶えるための強力な3つのステップ

時間の使い方ー時間を止める方法

時間の使い方3ー時間を止める方法

間の使い方について、時間を止める方法を説明するにあたり、3つに分けて説明してまいります。

まずは、前提として知っておいて欲しいことから解説いたします。

時間の使い方ー時間を止める前提としての知識

時間の使い方にしても、時間を止めるにしても、まずは時間という概念を理解する必要があります。

まず時間とは何なのか?
あえて一言でいうなら‥

時間(じかん)は、出来事や変化を認識するための基礎的な概念である。~wikiより

ということです。

ここで理解しておいていただきたいことは、あくまでも変化を認識するための概念であり、人によって違うということです。
なぜなら、人によって認識は違ってくるからです。
※この認識の部分においては、認知科学(心理学)が分かりやすいと思いますが、今回は時間の関係上省きます。詳しくは別の機会で

次に、時間を解明したことで有名なアインシュタイン博士の言葉を引用してみましょう。
ここでも時間の都合上、あえて一言でくくります。

動いているものは時間の流れが遅くなる

もう1つ。アインシュタイン博士が相対性理論の意味を聞かれて答えた例を添えます。

熱いストーブの上に手を置くと、1分が1時間に感じられる。
でも、きれいな女の子と座っていると、1時間が1分に感じられる。それが、相対性です

ここで疑問が沸くかもしれません。

「気のせいなのでは?」

その気持ちは分かりますが、ここでは実際にそうですとしかお答えできません。
なぜなら、その解説だけでゆうに一冊分の情報量が必要となるからです。
※E = mc2にしても色々な理論が関わってきますので

もちろんアインシュタイン博士の理論が全てだとは限らないかもしれません。
これからも覆す理論が出てくるかもしれませんが、
今の時点では可能性が高いということで引用させていただきました。

ここでは人によって時間に対する感じられる違いが、時間の流れの違いということを理解しておいてください。

宜しいでしょうか?

それともう1つだけ。
今回は単なる理論上の話というわけではなく、実際に自分自身で体感したものものとして記載しています。
※あくまでも感覚の話です。あしからずご了承ください

それでは次に、(主観的に)時間を早くする方法をお伝えしてまいります。

1,時間を早くする方法~直ぐに歳を取り死ぬ方法

間を早くする方法とはつまり、直ぐに歳を取り死ぬ方法となります。

ですよね?
極端にいえば”あっという間”に時間が過ぎ去っていくわけですので‥

その方法とは、
いつもと同じ毎日を繰り返すだけ
それだけです。

少し物足りなさを感じられたかもしれませんが、本当にそれだけです。

脳への刺激を少なくし、活動スピードを遅くするだけとなります。

なんでもまずはやってみないとすまない気性のため、わたしも検証のため実際にやってみた期間があります。
つまり同じ毎日を繰り返すだけを一定期間繰り返してみたということです。
※数ヶ月規模~年単位

すると‥
本当にあっという間に一週間すぎ、いつの間にか数年経過していました。

振り返ると、タイムスリップをしたような気分です。

信じられないならやってみると分かりやすいと思いますが、既にやってみたことがあるなら、振り返ると分かりやすいと思います。
特に年齢をある程度過ぎ、経験をある程度重ねていくと分かりやすいといえるでしょう。

ですよね?

歳をとるごとに、時間が過ぎ去っていくスピードは早くなっているはずです。
これは、経験の蓄積と習慣化によりパターン化され、物新しい事が減っていくことで刺激が年々少なくなり、自動的に生活できるようになっていることを意味しています。

その分時間の経過も早くなるわけです。

直ぐにわかる例としては、ゲームのレベルアップにしばらく専念してみてください。
単調なレベルアップを毎日続けていくことでいかに時間が早く過ぎるのかを体験できることでしょう。

ここで1つ疑問が沸くかもしれません。

「では、楽しい時間が過ぎるのが速いわけは?」

はい。
考えられる理由としては、”あまり考えていない(思考スピードが遅い)”
ということが挙げられるかもしれません。
※遊園地なども待ち時間は何もしていなければ長く感じます

勘違いしてはいけないことは、刺激が少ないから時間が遅くなるのではない、ということです。

脳に駆け巡る電気信号の話です。
つまり、楽しい時はあまり考えていないため、早く過ぎるということになります。
※時間を意識するほど遅くなります。「詳細は時間の使い方1」で解説しております。

命の危険が生じた時には、一瞬の内に脳は目まぐるしく活動しますので、遅くなります。
※スローモーションにお見えることもあるでしょう。詳細は後ほど。

ここまでは、宜しいでしょうか?

それでは次に、全く逆である
時間を遅くする方法をお伝えしてまいりましょう。

2,時間を遅くする方法~人より有利に進めていくために

間を遅くすることが出来れば、しかも自分だけ‥
そうするだけで、人よりかなり有利に色々なことを進めていけるようになりますよね?

「何を夢みたいな、漫画のようなことを言っているんだ?」
と思われるかもしれませんが、わたしはいたって真面目です。
一見バカバカしいと思えることでも、バカ真面目に検証してきました。

それではその方法をお伝えしてまいりましょう。

簡単です。
先ほどと逆をやればいいだけの話です。

つまり、思考速度をスピードアップすればいいわけです。

分かりやすくいえば、脳に刺激を与えること、ということですが、
一言でいえば‥
新しいことへ挑戦することを繰り返す
ということになります。

勘違いしないように添えるならば、これは別に自己啓発的な意味ではありません。

例えば、”いつもと違う道を帰る”それだけでもいいわけです。
他にも、いつもはコーヒーを頼むが今日は紅茶を頼んでみた。
こんな些細なことでも全然okです。

ようは、常にマンネリ化を防ぐということになります。

新しい問題を問いてもいいでしょうし。
真理を追求してみてもいいかもしれません。

時間を遅くするためには、とにかくいつもと違う思考をする。

そのために1番簡単なこととは?

いつもと違う環境に身を置き、(適応させるために)
脳を意図的にフルスピード状態にすることです。

今回の方法はわたし自身経験したことです。

同じ習慣の毎日から、変化のある毎日へシフトチェンジしただけで、時間の流れは極端に遅くなるのをはっきりと感じました。
※少なく見積もっても数十倍から数百倍以上

ということで、ここまでは宜しいでしょうか?

今回は少し足早に進めてまいりましたが、それではいよいよ最後である、時間を止める方法へ進んでまいりましょう。

時間を止める方法ーザ・ワールド!

間を止めることは、ある意味において憧れにも似たものがあるかもしれませんね。
しかも、自分だけがその止まった時間の中を自由に動けたなら‥

想像しただけでワクワクしませんか?

今回は特別にその方法もお付けしておきます。

その前にまずは、自分自身の時間を止める方法をお伝えします。
これは感覚的なものになりますが、分かりやすくいうなら、先ほどの思考の速度を上げるという、更にその先をいく方法です。

つまり、思考速度を超スピードまでアップしていった結果‥
思考が止まる状態です。

そうです。思考を止めることで時間が止まります。

といっても分かりにくいと思いますので、具体的な方法をお伝えします。

ここでは、その方法を2つ挙げておきましょう。

  1. 瞑想
  2. 潜水

今日お風呂に入った際にでも、試しに限界近くまで顔をつけてみられると分かりやすいと思います。
時間が止まったような錯覚に陥ってしまうことでしょう。

そうです。

今回お伝えした方法は錯覚を利用した方法と感じられたかもしれませんが、最初にお伝えしたように、時間というものがそもそも錯覚ということになります。
なぜなら、この錯覚(正確にはゆがみ)がなければ、ただ力が分散して使い物にならなくなっている状態に過ぎないわけですから。

これを詳しく解説すると分かりにくくなってしまいますので、話を元に戻します。

もう少しだけ分かりやすくいうなら、
真剣に命がけになるほど時間のスピードは遅くなる
ということになります。

例えばボクシングをやっている時や事故の瞬間など、時間が極端に遅くなり、周りがスローモーションに見える時もあるわけです。
※この意味でも今回の話は格闘技をやっている人にとっては、かなりのヒントになるかもしれません
とはいえ、これはあくまでもそう見えるだけで、実際にその中で動けるかどうかは、命がけとはまた別の話となります。
※後ほど解説します

そして更に命を及ぼす状態になった結果‥
そうです。
時間が止まる瞬間があるわけです。

逆もまた然りであり、安定した空間で安心してくらしているだけで、時間はドンドンスピードアップしていき過ぎ去っていく‥
ということになるでしょう。

更に、もう1つだけ別の角度から添えるならば‥

フォーカス(集中)することです。
そうすることで、あなたは時間を支配することができるようになります。
※これはとても重要なので最後に解説を添えます。

時間を止める=思考を(限界近くにして)止める

ここまでは宜しいでしょうか?

 

それでは、今回の最後にオマケとして
特別に”他の人の時間を止める方法”をお付けしておきます。
※今回も1コンテンツ5万円の価値を生み出しますので、よろしくお願いいたします

他の人の時間を止める方法~ザ・ワールド!

分以外の周りの人間の時間を止める方法とは‥
ここまで真剣に読まれた感のいい方なら既にお気づきかもしれませんね。

そうです。

相手の思考を止めてしまうことです。

思い出しましたか?

思考を止めること=時間を止めること
でしたよね。

ではここで問題です。

思考を止めるにはどうすればいいのでしょうか?

10秒だけ考えてみてください‥

もっと考えてみてください。
もっと

もっと真剣に!

もっと集中して!

宜しいでしょうか?

ここへ

集中して3つ数えてください。
そうすれば答えが分かります。

1‥
2‥
3‥

はい。

それでは回答です。

相手の思考を止める方法とは、
相手の思考を1点に集中させることです。

では、どうやって集中させればいいのか?

具体的な方法は更に下部へ添えました。
その前に、もう少し添えるなら、1点集中した結果ピタッと調和した瞬間に、時間が止まる感覚になります。

もしあなたに集中力があり、先ほど真剣に集中できたのなら、ほんの僅かでもあなたの思考と時間は止まったことになります。

もちろん正確には時間が止まったというよりも、思考が止まったということになります。
これは時間が感覚に過ぎないという認識をした前提での方法です。

ややこしいので、1つだけ添えておくことにしました。

相手は頭の中で色々なものが一瞬で駆け巡り、時間が遅く感じる。
であれば、相手が有利になる。ということではありません。
もちろん相手は、ゆっくりと過ぎる時間の中で様々な事を考えることができます。

とはいえそれはあくまでも、動いている思考(脳)の中の話です。
それ以外の、実際の共有している時間は同じように過ぎています。

ですよね?
この理由で、あなたは何も考えず行動すると、相手との時間差が生まれるということになるわけです。

その相手との時間差が大きければ「止まった相手の時間の中を、あなたは素早く動ける」ということもできます。
宜しいでしょうか?

つまり、自分の中で時間を有効活用したければ、頭の中をフル回転させ、相手がいる場合、できるだけ考えなないようにする、ということです。
この理由で自分以外が関わる場合「シミュレーション(リハーサル)」がとても重要となります。
※段取り八分

先程、命に危険が及んでいる時にスローモーションに見える話をしました。
この時、動けるようにするためには、できるだけ無心になることです。
無心になることで、無駄動きが停止し、スムーズに動けるということになるわけです。

分かりやすく例をだしますと、相手が何かに集中してあなたを目まぐるしく働かせているとします。
そこに、あなたは余計な事は何も考えず、ただ相手の頬に手を伸ばします。
すると、相手は高い確率で防御できないと思います。※普段体が反応するトレーニングをしていない限り

では、余計な事を考えないようにするには、どうすればいいのでしょうか?

俯瞰した視点から考える習慣をつけておくことです。
すると、他の全てのものはゆっくり(場合によっては止まって)見えるようになるでしょう。

もしこれで納得できない点が少しでもあるのなら‥

もう1つだけ、思考を止める方法をそえておきましょう。

それは、いつもと違う状態に相手を置くことです。
そうすることで、相手の時間は遅くなり、その域を超えた事態が起こることで‥
最後は(それがたとえ僅かでも)確実に止まります。

分かりやすくするために例を出すなら、
普段聞かないような命を脅かしそうなほどの大きな音でもいいわけです。

もっといえば…不意打ちとなります。

他にも流れを一気に止めた瞬間‥などありますが、今回はこの辺にしておきます。

悪用厳禁の特典として最後に添えましたので、最後までしっかりと読みました。

いかがだったでしょうか?

これは相手の思考(時間)を止める方法として紹介しましたが、もちろん自分自身へも当てはめることができます。

例えば、自分と相手が目と目を見つめ合い、共にお互いに超集中することで調和(思考が停止)した瞬間!
その時間は止まり、なおかつ場合によっては永遠に感じる場合もあります。

海辺で2人きりで寄り添い
「ずっとこのまま‥時が止まったままだといいのに‥」
と思わず言葉に出てきてしまうような‥

時間の流れを強制的に変えてしまうほどの力

これが恋の力です。

止まった時を動かす方法とは?

時を止められたとしても、止まったままだとしたらどうでしょう?

それはそれでリスクが大きくなるわけです。
なぜなら死んでいるような状態になりかねないからです。

ということで、もう1つだけ別の角度から添えておきましょう。

もし、自分自身が想定を超えた状況に置かれたことで、思考が対応しようとフルスピードになり、更にそれを超えてしまった場合には‥
思考と時間が止まることで、対応できなくなってしまうことも生じてしまうかもしれません。
※例えば自然災害など人智を超えた出来事に遭遇した場合など

場合によっては、そのまま時が止まったような感覚になり、周囲の日常だけが過ぎているような錯覚におちいることすら出てくるわけです。
※大切な方を思いがけず突然失ってしまった時など

そんな時の対応方法も念の為に添えておきましょう。

簡単です。
※理屈よりもまずは単純に簡単だと思うことからはじまります

ここまで真剣にお読みになられたなら、もうお分かりですよね?

そうです。
何も考えず、いつも通りの日常を淡々と自動化して過ごすだけでいいのです。

例えば、仕事や趣味のように、何か既に習慣化されていることに打ち込むのもいいでしょう。
そうすれば時はあっという間に過ぎ去り、時間が解決してくれる場合もあります。

時間=エントロピー増大を意味しているので、全てのパワー使えなくなっていきますが、悪い影響を及ぼす記憶の場合には、記憶が曖昧になっていくことで逆に活用できるわけです。

もしそれでも解決してくれそうもない場合には、何かに徹底的に打ち込むことです。
これは再構築することを意味しています。

時は味方です。時を受け入れましょう。

宜しいでしょうか?

最後にお伝えしておきたいことは、
何事もコントロールできる
ということです。

それも一瞬にして。

なぜなら、あなたの世界はあなた自身が作っているからです。

一瞬で変われないものは、永遠に変われません。

今、変えられる。

それだけ覚えたなら‥

あなたが貴重な時間を使ってここを読んだ価値があるかもしれません。
と、当時に今回のことを活かし喜んでいただくことで、わたし自身の貴重な時間を使って制作したかいもあったというものです。

それでは先ほどお約束したフォーカスを添えて締めくくります。

フォーカス(集中)をすることで、あなたは時間を支配できます。
そしてフォーカスをコントロールすることで、あなたは世界をコントロールできるようになるわけです。

宜しいでしょうか?

となれば、これからはどこへフォーカス(集中)していきますか?

分かりやすく2つに絞りましょう。

嫌なことへフォーカスしますか?
それとも
楽しいことへフォーカスしますか?

フォーカスしていないものは時間の経過とともに消え去る運命です。
フォーカスし続けているものは時間の経過とともに固定を継続されていきます。

もし事情があり、どうしても嫌なことへフォーカスしてしまう場合には‥

あえて何にもフォーカスしないことも1つの方法です。
そうすることで、あなたの時間はあっという間に過ぎ去っていくのですから。

時の流れに任せることも、あなたにはどんなことも選択できる権利を
生まれながらに持っていたということを思い出しました‥

時間が許す限り他のコンテンツも何度も何度も読み返し、自分のものにして帰ります。
5万円の価値あるコンテンツはこちらにもありました。
⇒お金にもっと不安を感じ苦しめられる方法


 

–PR–

フォーカスをコントロールするための装置
⇒サブリミナル作成ソフトランキング


悪用厳禁の特典

ここまでしっかりとお読みいただき、誠にありがとうございました。

感謝の気持ちを込めて、ささやかですが
お約束していた特典を添えて締めくくります。

相手の時間だけ止めて、自分自身は止まった時の中を動く方法。

それは…

自分自身の空間(コンフォートゾーン:ホームグラウンド)へ
相手を引きずり込むことです。

そのためには、具体的にはどうすればいいのか?

その場(空間)の情報量を増やすことです。

情報量を増やすには?
自分を知り自分をコントロールしていくこと。

自分を知るには、自分と向き合うこと…

悪用厳禁と書きましたが、実際には確認のしようがありませんので、おそれいりますが、不特定多数の一般公開はここまでとさせていただきます。

このような具体的に使える手法につきましては、こちらで個別に伝授させていただいております。
マインドチェンジ覚醒塾