占いではない93%的中の未来予想図とは?
占いではない93%的中の未来予想図とは?

在意識、無意識の領域、深層心理など、色々な言葉が出回っています。そもそも潜在意識の意味とはいったい何なのでしょうか?

今回はその意味を掘り下げた上で、占いに頼らない未来予想図について解説してまいります。
※追伸としてオマケを追加しました。
潜在意識を書き換えるための、4つの魔法の言葉とは?その期間は?

潜在意識の意味とは

潜在意識の意味と占いについて在意識の意味は広義には、意識していない全ての事であり、狭義(きょうぎ)には無意識の領域ともいえます。
この理由で、意識すればその時点で潜在意識ではないともいえるのですが、意識をしなければ潜在意識は存在しているともいえません。

ともあれ、意識することで意識していない領域を確認することが出来るので、まずは意識付けを行う習慣を付けておくことは大切だといえるでしょう。

この意識付けは言い替えれば、意味付けや理由付きともいえます。
そしてこの意識付け・意味付け・理由付けを強く、多く行なっていくことで潜在意識まで染み込ませることになり、影響を与えることで変化を与えることができるといえるでしょう。

潜在意識に変化を持たせる意味は、脳内での無意識の領域が多く占めているからです。
これは日常生活に置き換えると、その殆どが自動的に行われているともいえます。

ですので、生活や性格から引いては人生や運命に至るものを変えようと思うならば、潜在意識に変化を持たせる必要が出てくるのです。

潜在意識に変化を与える意識付け・意味付け・理由付けを強く、多く付けていくためには、それに応じた情報を強く、多く取得する必要があります。
それは知識という情報だけではなく、体験だといえます。
しかもこの事は、インプットだけでは難しいといえます。なぜなら変化をもたらすものになるので、インプットと同じ位のアウトプットが必要となってくるのです。

インプットとアウトプットを繰り返していくことで、淀みなく変化を持たせていけるようになり、潜在意識をコントロールできるようにります。
それは運命のコントロールといってもいいでしょう。

このインプットとアウトプットの繰り返しとは、言い換えると疑問と答え、問題と解決、疑念と悟りなど様々に表現できます。
これは解決だけでいいなど、どちらかが必要あるいは求めるべきことではなく、どちらも同じほど必要だということです。
つまり、これまで様々な教典が出展されてきたことは、”それ自体が大切だった”ということになります。

もっとわかりやすく説明するならば、答えが大切というよりも、答えを求めるそれ自体が重要だという意味になります。

潜在意識の意味について潜在意識自体が、正に疑問と答えの両方を包容しています。

あるいはこのようにも表現できます。

それは、潜在意識の意味は迷いであり、表層意識の意味は悟りを実感(確認)することとなり、そのどちらも同じように重要だということです。
なぜなら、もしその事を否定し無視し放置しておけば、潜在意識そのものだけが残ることになり、その事は何も思考せず生きている状態になっていくことになります。これはつまり生きながらの死を意味してしまいます(それすらも生じないかもしれませんが)。

潜在意識の意味をまとめると、意識(確認)するからこそ存在を呈し意味を成すことができるといえるのではないでしょうか。
つまりは、”コントロールするために”という意味合いにおいての存在価値ということになります。

この解説を、あなたにとって少しでも潜在意識への理解するための助けにしてください。 

潜在意識と占いについて

潜在意識と占いについて

在意識で占いを行い未来を当てることができるのでしょうか?

まず答えとして考えられることは、100%当てられると発狂してしまうということになります。
なぜなら、脳の許容を遥かに超えているからです。変えられない未来を受け入れる必要が出てきます。
潜在意識が無限の広がりを持っているといっても、実際には脳の許容を超えて発狂してしまっては元も子もなくなってしまうでしょう。

では、なぜ占いと潜在意識が関連していると思われるのでしょうか?

理由の1つとしては、潜在意識と占いは同じ作用を及ぼすからです。
つまり、”曖昧さを及ぼす作用”ということになります。

たしかに別の角度からいえば、”潜在意識では既に未来に起こる出来事を知っている可能性”もあるといえなくもありません。

ただ曖昧さでも分かるように、確率を考えると未来を予測していると言えないのではないでしょうか。

占いを未来の予測という観点からいえば、様々な解釈ができます。
ここではその1部をご紹介しておきましょう。

力学系(一定の規則に従って時間の経過とともに状態が変化するシステム(系))の一部に見られる、予測できない複雑な様子を示す現象を扱う理論であるカオス力学(カオス理論)からも分かるように、ちょっとした変化でも無制限に生じる大きな変化となってしまいかねないので、現代では予測は不可能という見方もできます。

このことはバタフライ効果とも呼ばれています。
バタフライ効果とは、通常なら無視できると思われるような極めて小さな差が、やがては無視できない大きな差となる現象のことを指しています。

そこで、変化の時点で無限に分岐が生まれるタイムパラドックスの解決に、パラレルワールド(並行して存在する別の併行世界(並行時空))が使われています。

こで量子力学の多世界解釈が出てきます。
これは”シュレディンガーの死んでいる猫と生きている猫”で有名なエヴェレットの多世界解釈です。

これだとパラレルワールドはそう思えるだけで、可能性の重ね合わせがあるだけで人間自身は可能性全体を認識できないとしています。

これは言い換えると『シュレーディンガーの猫は観測者が観測するまで(観測者にとって)「猫が生きている世界」と「猫が死んでいる世界」の重なり合いのままであり何も起こらない。』という見解ですが、結局は『観測者は、猫を観測するまで自分がどちらの相対状態に属するのか知ることはできない。』ということになるので、占い(未来予測)でいえば、どちらにしても”分からない”が答えとなるではないでしょうか。

その証拠に、当たるといわれている占い師に次回のロト7の結果を聞くことで、しっかりと理解できると思います。

占いと未来予想図
占いと未来予想図について

他にも未来学の分野において、未来研究を実際に行うフューチャリスト(futurist)として未来を予測することもできるでしょう。

ただこのことも2020年の予測を1つ取り出して見ても
『民主党は2009年のマニフェストで、日本の二酸化炭素ガスの排出量をこの年までに1990年比で25%の削減を目指すとしていた(二酸化炭素25%削減)。』
で既に現在2013年時点で、自民党が政権を握っているので大きく違ってきています。

今回は少し色々な言葉を使いましたが、つまり何が言いたいのか?と言いますと「占いは現実的ではない」ということです。

ということなので潜在意識に当てはめて考えてみたくなると思います。
その意味では占いに関わらず潜在意識は全てを包容しているので”現実的ではない、根拠が無い、非常識”に関わらず潜在意識で片付けてしまおうと思えばどうとでも解釈できてしまうのです。

それでも占いの人気が落ちない理由は「意味づけ」が考えられます。
人の脳は、納得できない事ほど、意味づけをしたくなる修正を持っているからです。
占いを知ることで「あ~だから上手くいかなかったのか」と意味づけでき「今度から気をつけよう」と更に未来への意味づけもできます。

つまり一言でいえば「安心したいから」ということになるでしょう。

もちろんそれだけではありません。
占いの不確かさの誤差も含め、確率として高いものを未来予想として捉えてみてもいいのかもしれません。
サイエンス・フィクション作家もそのような意味においては、認められいる部分があるといえるでしょう。
とはいえ、アーシュラ・K・ル=グウィンは『闇の左手』で「作家の仕事は嘘をつくことだ」としていますが、これはこれで頷ける部分もあると思います。

ともあれ、潜在意識と占いを絡めようと絡めまいと、自分自身にとっての明日は自動的にやってきます。
それも今日と同じ(あるいは先週の同じ曜日と同じ)に観える明日です。

その中で、自分自身にとっての未来の変化を予測することは、自分自身でどのように未来に変化を起こすかも含めて予測していくことこそが、もっとも確率が高い占いになるような気がしてなりません。

特別な能力を持ったような占い師にリアリティを感じ非日常性を感じるのもいいですが、現代では映画の方が余程バーチャルリアリティを体感できるでしょう。

まとめると、現時点での”潜在意識と占い”の結論としては、自分自身で未来を作り上げていくことを決めて、そのような現実を創る行動を起こしていったほうが確かだ、ということになります。

まずは潜在意識で占いを頼るより先に、今より直ぐに、明日は何を変化させてみるのか?その事を深く心に決め行動をしてみるといいでしょう。
その積み重ねこそ、もっとも信頼できるあなた自身の未来予想図になるに違いありません。

そうです。潜在意識では、
あなたこそが、あなたにとって世界一の占い師
ということなのです。

今回の解説が、あなたにとって少しでも潜在意識であなたの未来を占い良き方向にしていく手助けになれれば、これ以上の喜びはありません。

今回も最後までお読みいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。

追伸:占いの活用法

いの活用法をオマケとしてそえておくことしました。

占いのメリットがあるとすれば、それは客観的なアドバイスをしてくれることです。
しかも殆どの場合、肯定的アドバイスとなりますが、時にはズバリと指摘してくれることもあります。

わたしにはかなり前から専属の占い師の方がおりますが、その方はかなり年配の方で経験も豊富であり、元大手企業の人事を行っていたということも、アドバイスに耳を傾ける大きな理由となります。

あなたもこれを機会に、是非あなた専属の占い師を探してみてはいかがでしょうか。

直ぐにご縁ができる場合もあれば、何人かとのご縁の中であなたにピッタリの占い師がみつかる場合もあるでしょう。
どちらにしても、行動を起こされけば何もはじまりません。

求めよ、さらば与えられん

潜在意識を書き換えるための、4つの魔法の言葉とは?その期間は?